2009年08月17日

発達障害についての理解

3月末に退職されたA先生に、ご挨拶に伺った時、
「発達障害の勉強会や講演会で、このごろ顔を見なくなったね。
 ある程度わかってくると、勉強会に行っても、知ってる事ばかりで、もういいやって思ってるじゃない?」
と言われました。
まさしく、その通りです。
その時、A先生は
「それでも、行ってごらんよ。行くと必ず、ひとつは得るものがあるからね。」
とおっしゃいました。
それで、この休み中は、結構「特別支援」関係の講座にでかけています。

先日、自閉症の研究では大家と言われているS先生の講演をお聞きしました。
以前にも、S先生からは、ノースキャロライナの町の素晴しさをお聞きしたことがあります。

ある時、ノースキャロライナの学校の先生方に、
日本から視察に行った教師が、
「発達障害をもつ子どもが、犯罪を犯したとき、その後の指導はどうすればいいのでしょうか?」
と聞いたことがあったそうです。
すると、ノースキャロライナの先生方は、みな目を丸くされて、
「それは、どういうことですか?」
「ここでは、発達障害を持つ子が 犯罪を起こすことなど、まったくありませんから、そんなこと、考えたこともありません」・・と。

「日本では、発達障害を持つ子どもたちが、よい環境で育ててもらえなかったために、
 2次障害をおこし、その後、さらに追い込まれて、引き起こしてしまった数々の事件で、
 罪をその子一人が背負わされるのは、絶対にまちがっている!!」
とS先生はいわれていました。
「その子を、今まで正しく理解して育ててこなかった、
 親、保育者、教師・・・・周りの大人達が、みんなで罪をつぐなうべきじゃないか」
と。
「発達障害を持つ子どもが、今の日本に生まれた・・・
 それだけで、不幸なことだ・・。」
とも、おっしゃいました。

今の、教育現場で、どれだけの教師が、このS先生の言葉を正面からうけとめられるでしょうか。
私も、講演の後、何人かの同僚に話しましたが、みな口々に
「だけど、教師はその時その子が発達障害を持っているなんて知らなかったんでしょう。
 だったら、無理だと思う。
 そこまで、責任はとれないわ。」
・・と。

それから、S先生が、何度も何度も、声を強めて言われていたのは、

理解のない支援など、当事者には、迷惑でしかない。
支援はしなくてもいいから、理解をして欲しい・
・・

ということです。
心に強く刻み込んでおこうと思います。
posted by ブー子 at 16:27| Comment(3) | 特別支援教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。