2010年04月29日

母国の言葉

私のクラスに中国国籍の女の子がいます。
両親ともに中国の方で、お母さんはまったく日本語が理解できません。
お父さんは仕事の関係で日本語が流ちょうですが、ほとんど出張でこちらにいません。
小さな子供もいるのですが、一家の便りの綱は私のクラスにいる女の子。
彼女はいままで、日本と中国を行ったり来たりしていますが、
さすがにこどもの順応力はすばらしく、日常会話に困る事はありません。

国語の時間に新しい漢字を習うたびに、
「中国ではどう読むの?」と彼女に中国語で読んでもらいます。
そして、彼女の美しい発音に、クラス中で、聞き惚れています。

先日、「音読み、訓読み」という言葉を習った時、
彼女が「中国には「訓読み」は無いです」・・といって
なるほど。そりゃそうだ・・・!と納得したものです。
その訳を説明したけれど、3年生の子供たちに分かってもらえたかな?

彼女が母国の言葉を大事にするように、
私のクラスの子供たちも
いつか、しみじみと、日本の言葉を大切に思う時がくるのかな269210.gif
posted by ブー子 at 13:02| Comment(0) | school 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。