2009年08月28日

全国学力テスト

全国学力テストの結果が発表されたらしい。
以前から、うちの学校の6年生はB問題はおろか、基礎のA問題も点数が悪かった・・・と、何かあるたびに校長はいっています。

100マス計算や漢字練習にもっと力を入れろ!というのですが、生きていくのに、本当に必要な力って、そういう力なのでしょうか?

今回学力テストの点数が良かった東北の県は、「家庭力」が健全な県と言われています。
学力をあげる・・・ということは、付け焼刃的にドリル学習をすることではなくて、もっと、根っこの部分を固めていくことじゃないでしょうか?

そんなことを、ちらっと校長にいったら、
「うちの学校の結果をみてみなさい。そんな流暢なことをいってる場合じゃないのです。それ以前の問題です。」
と鼻であしらわれてしまいました。

校長ともあろう方が、こんなことにふりまわされるなんて。
そもそも学力テストに、50億も60億もかけるなら、そのお金をもっと教育のために有効に使ってほしいものです。
たとえば、もう少し、教員の数を増やしてくれたら、もっと、きめ細やかな指導ができて。子どもたちの学力もあがるのじゃないでしょうか!!
posted by ブー子 at 19:53| Comment(4) | school 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(From HIDE・教員OB)

全国学力テストについては、言いたいことが山ほどあります。おそらく、原稿用紙100枚では書ききれないでしょう。
しかし、必ず誤解を招きますから、ホームページ・ブログ・掲示板等では、アン・タッチャブルを原則としています。ましてや、コメントとしてのカキコミは控えています。

しかし、例外として、ちょこっとカキコミしますと、

(ブー子先生wrote)<・・・何かあるたびに校長はいっています。「100マス計算や漢字練習にもっと力を入れろ!」と」>
・学力テストには、人々にこんなことを言いたくなる気持ちを起こさせる弊害があります。(100マス計算や漢字練習を否定しているのではありません)
・学力テストには、マスコミや教育委員会・議会におもねる余り、子どもの健やかな成長から目を奪われてしまう弊害があります。
・学力テストには、一人一人の心の発達を大事にしようとする気持ちをそいでしまう弊害があります。

オッとこのぐらいにしておきましょう。

もちろん全国学力テストには、プラス面もいっぱいあるとも思っています。

Posted by HIDE at 2009年08月29日 09:49
HIDEさんへ

同感です。
そして、その結果に何を読み取るか、そこから何を学ぶか・・・もしかしたら、子供たちの方が、そこで、大人を、教師をテストしているのかもしれません。

ただ、結果に過剰に踊らされている現場であることは悲しいけれど、確かです。流れに棹差していかねばな・・と思っています。

Posted by ブー子 at 2009年08月29日 10:40
学校現場を経験したものとして 学力テストが子供たちの未来を照らすとは ちょっと思えないです…

どうしてそんなに 比べたがるのかなあと不思議です
結果が出ると(大金をかけての結果だから?)きっとなんとか 利用したいのでしょうが…
子供や教師の心や実情を考慮しないと 危険ですよね

○○知事のように数字だけをみて ああだこうだ言っているのも ちょっとね……
一番があればびりもあるわけで どこかの県がupすればどこかがdownするわけで そういうのを どう考えていらっしゃるのかしら?と 尋ねてみたくなります

”もっと根本的なこと”に手を打っていく!−私も賛成!! 
子供たちが楽しんで学び結果もupーそういうのって不可能じゃないと思うのだけど

*言いたいことを書いちゃいました
*ブー子先生応援しています
 またお邪魔します


Posted by スミレココ at 2009年08月29日 19:10
スミレココさんへ

コメントありがとうございます。
そうですよね。
まず、目の前のこどもありき・・ですよね。
教育は、遠回りの作業だと思います。
結果は早急にはでないものだと思います。
テストの結果にめくじらたてて、大人達が子供を追い立てたら、その先には不幸な未来しか待っていないような気がしてなりません。
Posted by ブー子 at 2009年08月31日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。