2009年02月28日

給食開始

一昔前は、新学期が始まっても
しばらくは給食が始まらず、
学期末は早めに給食が終了して
子供たちは午前で家に帰っていたものです。
だから、私たちも学期末の仕事をする時間が
そこで確保できていたのです。

私の子供のころも、
それがうれしくて、
今日の昼ごはんは何だろう。
と話ながら弟と駆けて帰っていましたっけ。
結局お茶漬けかなんかなんだけど、
さっと食べて、いつもよりたっぷり遊べるし、
そんな時が好きだったな・・・。

だけど、最近はどこも給食の回数がどんどん増えて
中には朝に軽食を出す学校もあるそうで・・。
これは、家庭力の低下にかなり関係あるような気がします。
うちの学校でも、保護者からそういう要望がでているそうです。

とも稼ぎの家庭が増えたから・・というけれど、
私たちのころだって、
それぞれ結構貧しくて、母親もみなパートで働いていました。
だから3年生か4年生ぐらいになると 
私も弟の分までご飯を作ってました。
今のようにレンジなんてなかったけれど。
火の取り扱いについては、しつこいくらいに母にいわれていました。
卵焼きが焦げたら、それを自分のお皿に入れて、
弟にはなんとか母が作るようなきれいな卵焼きを作ってあげねば・・
と頑張ったりしていました。
そんな中で心身に育つものは
結構大事なものじゃないか・・と思うんです。

なんでも便利がよく、満たされているのは
子供にとってはちっとも有り難くないことかもしれません。
嬉しいのは親だけなんじゃないでしょうか。
結局、子供を育てる場を親が放棄しているような気がします。

・・ということで、
うちの学校も来年度からは給食回数が増えるようです。
それでなくても学期末処理をする時間がないのに、
どうなるんだろう・・・・。たらーっ(汗)


posted by ブー子 at 15:26| Comment(2) | school 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
From HIDE(教員OB)

学校給食については、言いたいことが山ほどありますが。またの機会に譲ります。

<子供を育てる場を親が放棄しているような気がします>と、ブー子先生が言うとおり、私の地区でもご多分に漏れず、子育ての手抜きが見られ、とても心配しています。

特に生活規範意識の涵養は、「7・5・3」、7は家庭、5が学校、3が社会と思っていますが、今家庭は、コンマ以下ではないでしょうか。
Posted by HIDE at 2009年03月13日 10:42
HIDEさんへ

私が子供のころは、大人と子供の区別がはっきりしていたような気がします。
テレビ番組にしても子供の番組と大人の番組がわかれていたような・・。
今はこどもの文化と大人の文化の区別がなくなっていますね。子どもが早熟なのではなく、おとなが未成熟だからだとおもうのは私だけでしょうか。本当に大人になりきっていたら、子供をもっとまもるためにどうあればよいかとかんがえると思うのですが・・。
・・というわたしも、かなり未成熟です。
Posted by ブー子 at 2009年03月15日 13:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。