2009年02月11日

自信を失う時?

ある小学校で経験年数20年、25年の女の先生が長く休んでおられるという話を耳にしました。
どちらも、クラスがひどく荒れていたらしい。

私はそのどちらの先生のこともよく知っているけれど、
児童が荒れたぐらいで仕事を投げ出す人たちではないと思っています。
では、なぜ、休みに入られたのか・・・。

その学校は1学年のクラス数が5〜6はあるような大きな学校です。

これは私の推測でしかないのですが、
同僚のありかたではなかったのか・・と。

あるクラスに問題が起きた時、
それはその学年みんなの問題として同僚がとらえ
一緒にかんがえてくれていたのかな?と・・・。

私が若いころの学年主任の先生は
時にはうるさいくらい声をかけてくれました。
「今、どこを教えているんだ?」
「プリント作ったから、これ使いなさい」
「市民憲章は教室の右の窓の上にきちんと掲示しなきゃだめだぞ」
「学級通信を一枚私にも出しておくこと!」
学年体育の後は、
「○組は服装が乱れ始めているな」とか
今流にいえば うざいこといっぱいいわれたっけ。
だけど、いつのころからかそれがなくなってきたのが現実です。

目の前の子どもたちの荒れは
担任だけで解決できる問題じゃない。
ましてや、今までの子供たちの生活の中から生まれてきたものであり
元担任だけの責任じゃない。

だから彼女たちに対して、
同僚がどうかかわったのか、
それがとても気になっています。

以前、精神的にまいってしまい、
学校にこれなくなった先輩先生が言っていました。
「原因はこどもじゃなかった。
 ある日、同僚たちに足元をすくわれた感じがして・・。」

今の子供たちはみな、
人間関係作りがうまくできないといわれているけれど、
彼らの前に立つ私達が
お互いにどうかかわり合っていくのか
子供たちはそれを試しているのかもしれない。
立派な言葉でなく、
われわれのおたがいの
日々のちょっとしたおもいやりの積み重ねを
子供たちはちゃんとみているのだと思うのです。

posted by ブー子 at 16:48| Comment(4) | school 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
From HIDE(教員OB)

とても悲しいお話ですね。お休みの先生が速く快復されて、学校に復帰されることをお祈りします。

ところで、

<姪の娘の道子さんが、小学校の先生に

父さん、じいちゃん、それからオジン
3先生の難儀と苦労、見てただろうに、
意に介さずに ミッチが小学校の先生に

泣き虫、弱虫、甘え虫、
ちょこっとつっぱりミッチーが
小学校の先生に

よせばいいのに、苦労をするぞ!

あの世でじいちゃん応援エール
この世でオジンが応援メール
こんなセンセになっとくれ!
あんなセンセになってはいかん! >

「自戒を込めてそっと一言」の他に、もう一つブログ「オジンからのラブレター」を立ち上げました。
ブー子先生のブログは、とても参考になります。

Posted by HIDE(教員OB) at 2009年02月12日 15:13
 悲しいことですね!まだ2年ほどの講師の私でさえ、今の先生方に疑問を感じることがあります。←講師という立場だからかもしれませんが…。50も過ぎてからの講師ですから、職員室という枠の外から客観的な視点で見てしまうことが多いのですが…今の先生は昔と違って、個人主義な方が増えてきたような気がします。「保身」と自分のプライドを保つために…。自分の自信を持つために他の人の自信を踏みにじっているような…?私は今の学校では、ブー子さんのような…人の痛みや優しさをcatchしてくださる先生はあまりいらっしゃいません。(←私のブログへのコメントからブー子さんのお人柄がそういう風に感じられました。)今の先生方に色んなことを感じることは私のブログで何回か記事にしました。皆さん!忙しすぎて、あまりにも余裕がなく、人のことまで考えることが出来なくなって来ているのでしょうか?最近の御時世で、突っ込みいれる保護者も多いですし、大変なことは分かりますが…。
 私も最初の4ヶ月は、新任で精神的に追い込まれて休職された先生の代わりに派遣されました。その後、一昨年の4月に復帰されましたが、2ヶ月ほどしか持ちませんでした。だれもこれから育っていく若者をかばったり、育ててあげようって気がなく、皆さん、見て見ぬふり!それどころか、追い打ちかける人までいて…側で見ていても可愛そうでした。
 私は教師の本来、子どものために存在意義があるはずなのに、職業としての教師として存在することに価値を置いてられるように感じています。そんな姿を子どもが見ているにも関わらず…。
 すみません!支離滅裂で…!しかも、ちょっと言い過ぎました。ごめんなさい!
Posted by トントンおばさん at 2009年02月14日 01:11
★HIDEさんへ★

姪御さんの娘さん・・・・HIDEさんにとってはお孫さんのようなかわいい娘さんなのですね。
これからの教師は私たちのころにはなかった苦労がたくさんあるような気がします。しっかり応援して支えてあげてくださいね。
そちらのBROGにもお邪魔したいです!!

Posted by ブー子 at 2009年02月14日 11:41
★トントンおばさんへ★

教師の世界にどっぷり浸っていると、見えなくなってしまうものもあるように思います。教師でない私の友達も「教師って世間知らずで、常識のないところがある」といいます。私自身そのとおりかも・・と思います。
トントンさんは、それに毒されていないので、ちゃんと感じられているのだと思います。
教師の評価もはじまり、個人主義にもっと拍車がかかるのではないかと心配です。

最近、おいしい紅茶みつけたので、お二人の先生にちょこっと贈ってさしあげようかと思っています。うちは主人がいないのでいつでも気兼ねなく話に来ませんか?って。
きっと、まだまだ外に出る気持にはなっておられないかもしれませんが、「ひとりじゃないよ」って言ってあげること、大事だとおもうんです。
Posted by ブー子 at 2009年02月14日 11:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。