2008年11月15日

久しぶりのサークル出席!!

久しぶりにサークルに行きました。
サークルではもちろんレポート分析もしますが
みんなが揃うまでの雑談のなかに結構大事なことがあるのです。

昨日のサークルでは
全国一斉模試の結果について保護者にどう説明したか・・という話題になりました。

K先生はまず、保護者に、「学力」をのばすとはどういうことか・・・という話をしたそうです。

@意欲を伸ばすということ。
 これができないから、ここができる子にしようなんていうのは教育ではない。
 それは枯れた木の葉に薬をかけるようなもの。
 だいじなのは、気の幹を丈夫に育てること。
 まず、子供たちのできることに目を向けて、できるんだという自信をもたせること。
 やがて自信をつけた子は、今までできなかったところにも取り組んでみよう・・という気持ちになる。
 教育はそういう回り道。

A邪魔になるものを取り払い必要があれば助けるということ
 土の中の種がみな芽を出そうとするように、子供たちはみな伸びようとしている。
 その邪魔をしているものを撮ってやるのも教育の大事な仕事。
 友達関係、人間関係はその邪魔をする一つの大きな要因になっている。
 ともに伸びようとするクラスづくりが大事。
(・・・うちのサークルはここを研究しています!!)

 時には大人(親、教師・・)が邪魔をしている時もある。
 わくにはめようとし、型どおりの子にしようとし、子供たちはどんどん失敗を恐れ、委縮されていく。
 
B子供たちに身につけさせたい力をつけてあげること
T、聞く力・・・・聞いて自分のものにする力
U、表現する力・・自分の考えを発表する力、書く力
V、討論する力
W、問題を解決する力・・日常の生活の中で

明日からの実践の迷いがとれてがんばれる気がします・・。
posted by ブー子 at 11:37| Comment(2) | 生活指導サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
From HIDE

(ブー子先生wrote)<久しぶりにサークルに行きました。サークルではもちろんレポート分析もしますがみんなが揃うまでの雑談のなかに結構大事なことがあるのです。>

現職の頃、気のあった仲間と、本屋さんの2階に集まって、数学教育サークルを開いていたことを思い出します。
研修会・研究会で聞いた話より、仲間とワイワイ言っていて身についたことの方が、教室の役に立ちました。
ブラボー サークル!
Posted by HIDE at 2008年11月17日 11:09
HIDEさんへ

ところが、最近の若い先生方は誘っても、きまってこういいます。
「今日はちょっと都合が悪いんです。でも、また次は誘ってくださいね」
その次さそっても同じこと。近頃私も3度目を誘う勇気がでなくなりました。
Posted by ブー子 at 2008年11月24日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。