2008年10月25日

研究授業が終わりました・・・

実は、先日、校内の研究授業がありまして・・・・。
毎日、教案と向き合っていたわけではないのですが
なんだか毎日背中押されて、落ち着かなくて
ブログを書く気にもなれませんでした。

昨年、うちの学校は大きな研究会を終えたところです。
それが終わってみんなほ〜っとしていたところだったし、
運動会の後でもあったし、
さて、校内研究の一番最初の授業を誰がするか・・・
・・となったら、
やっぱり 歳のころから、私かな〜。
・・ということで
自ら引き受けたのですが・・・。

あくまで、授業の「うまい、へた」を見せるのではなく、
後に続く先生たちの問題提起になればいいんだから
気楽にいこう!!!
そう思ってはみたものの、
いざ、教案を書くとなると、
頭がさびついていて、アイデアがでてこない〜〜〜〜。

早くから研究授業の日は決まっているのに、
ずるずる、ずるずると
指導案作成を先延ばしにし、
毎日、その後ろめたさと人知れず戦っておりました。

でも、いつも思うんですが
「案ずるより産むがやすし!!」ですよね。
とりあえず、なんとか
子供たちの力をかりて、無事終わりました。

最近、のこり10年をこの体力でやっていけるのかな〜と
ちと不安になっていましたが、
今回の研究授業で
自分なりに教師としての課題がたくさん見えてきて
これは、うかうかしてたら、
自分で納得のいく教師になるまでに退職の日が来ちゃうぞ!!
と、ちょっと焦ってきたりしました。
自分の課題がいくつもはっきり見えてきて
まだまだ、私の前に道は続いている・・と実感しています。

だけど・・・・この先いくつになったら
私は「ベテラン教師」という名札を
堂々と胸にはれるのでしょうか・・たらーっ(汗)






posted by ブー子 at 11:38| Comment(2) | school 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
From HIDE

研究会でハッスルされた、ブー子先生に敬意を表します。
現職時代、研究授業を誰も希望しないときには、ごちゃごちゃ言っているのが面倒でしたので、「わしがやるわ。(私がやりますよ)」と、手を挙げたことが度々ありました。しかし、いつも指導案作りやら、授業準備やらで、手を挙げたことを悔やんだことが、一再ならずでしたが、今は何となく懐かしく思い出しています。

(ブー子先生wrote)<自分の課題がいくつもはっきり見えてきてまだまだ、私の前に道は続いている・・と実感しています。>

「僕の前に道はない 僕の後ろに道は出来る ああ、自然よ 父よ ・・・」は、光太郎でしたか。
ブー子先生の前には道はなく、ブー子先生の後ろに道が出来るのです。
Posted by HIDE at 2008年10月27日 10:25
HIDEさんへ

>ブー子先生の後ろに道が出来るのです。

道ができている気配などちっともないのですが・・。
いつも誰かがつけてくれた道をたどってここまできました。
そして、最近では、歳とともに、なんとなく、ごまかすこと、取り繕うことが上手になった気がします。
あと10年なんてあっという間でしょうね。
一時間一時間、自分を磨いていかなきゃ!!

Posted by ブー子 at 2008年11月08日 16:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。