2009年11月24日

インフルエンザが猛威をふるって・・

こんこん ブー

私の町でも例外ではなく、
インフルエンザが猛威をふるっています。

目に見えない小さなウイルスに
日頃は、世界一の権威を振りかざす人間が
恐れおののいています。

中でも、子供たちは、
昔と違って
アレルギー体質だったり、
ひ弱だったりするので、
凶暴なウイルスが体に入るのは不安です。

あちこちで学級閉鎖です。

何かの本に、眠ることは免疫力をとても高めることだと書いてありました。

これは、「寝る子は育つ」の根拠の一つかもしれませんね。
そういえば、最近の子供たちは 夜更かししている子が多いです。
「10時になるまで 何してるの?」
「お布団に入ってるんだけど、眠れないから 本を読んだりしてるんだよ」
・・って、まるで、更年期みたいなことを言ってます。
体育しましょ。


やっぱりそれは、昼間に、体がつかれるほど、遊んでいないせいかな〜?
posted by ブー子 at 21:47| Comment(0) | こどもたち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

出張は校長命令だから・・

ブー子は、毎年、必ず県外出張に出かけています。
ところが、職場でも年年、出張に出かける先生が少なくなってきました。
どうして、いかないの?と聞くと、眼の前の仕事のことを思うと
行く気にならない・・・とうのが、ほとんどの答えです。

私が、若いころ、
放課後はギリギリまで、子供たちと遊んだり語ったり、
ちょっとした時間には学級通信を書いたりしていたので
本命の教材研究に舞いが回らなくなり
出張どころではなかったことがあります。

そんな時、先輩の先生方が
出張に行って、新鮮な風を受けてきなさい。
その土地のものを味わい、見聞きしてくること、
そういうことが、教師としての引き出しをつくるんだよ。
と言ってくれたのを思い出します。

それでも、わが子がちいさいころは、そっちが気になり、
県外出張は無理でしたが、
県内には、機会をみつけてはよく行っていました。
わかいころは、行くたびに刺激を受けて、
なにかしら、まねっこをしてみたり・・・。

わが子が留守番できるようになってからは、
毎年県外出張に出かけています。
校長も、予定的に無理でなければ、ほとんどokを出してくれたものです。
だけど、最近は、

「出張はあくまで校長命令です。私が行く必要がないと思うものには行かせられません。」

・・のだそうです。
そして、

「他県に行ったら、見たいものもあるでしょうが、すぐに帰ってきてほしい」

とのことです。せちがらい世の中です。

去年は丹波篠山の小さな学校に行ってきました。
ほんとうに、小さな規模の学校でしたが、すくないスタッフでよくここまで研究しているな・・と
感心して帰りました。
図書の本の進め方、
話合いの進め方など、すぐにまねさせていただきました。

今年も、どこかに新しい風を受けにいってきたいのですが、
そんなこと話題にしてるのは、ブー子だけです。
これって、うちの学校だけのことかしらん?
posted by ブー子 at 12:59| Comment(1) | school 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。