2009年06月21日

体が悲鳴をあげています。

超ハードな毎日です。
週の後半は頭痛がして、朝起きるのが一苦労です。
体がついていかない・・といって、退職された先生方のことがよくわかるこの頃です。
だけど、これって、しかたのないことなのかなあ・・?

「ブー子さん、ちかごろ全然見かけないから、今日もまたどこかに出張してるのかな?って思ってましたよ」
職員室でA先生にいわれました。
毎日、ちゃんと校内にいるのですが、空き時間が全くないし、休み時間も職員室に帰ってこれない状態です。
放課後、やっと職員室に戻っても、今度は他の先生方が勤務時間を過ぎても教室でしごとをしてて帰ってこない。
職場で他の先生方とのつながりがまったく持てない状態です。

「ブー子さんはまったく空き時間がないのに対して、教務主任は週15時間って、おかしくない?」
先日B先生に言われました。
B先生は今年転勤してこられたので、うちの学校のおかしさがよく見えるのです。
いまさら、そんなことを言っても仕方がないのですが、ことの発端は学年はじめの職員会議の在り方にあります。
まったく討議はされず、ただの伝達。
「とりあえず個々の思いはいろいろありましょうが、どうか、子供たちのために、よろしくお願いいたします。」
・・と校長がいっておしまい。
「子供たちのために」が曲者なんですよね。
子供たちのためにいいことなんて、この世にはいっぱいあります。
だけど、それを全部してたら、大変なことになります。

金曜日とうとB先生が体調不良でお休みされました。
「この学校は忙しすぎるよ」といっていた次の日です。
なんとか、しなければ・・・。
まず、きがついたところから、やりすごすのではなく、どんどん声を上げていかなければ・・と思っています。
posted by ブー子 at 12:11| Comment(2) | school 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。