2009年03月26日

no-title

090326_2033~01.jpg090326_2032~02.jpg090326_2032~01.jpg090326_2031~01.jpg


昨日、勤務校の終了式でした。
受け持ちのクラスの子供たちはとってもかわいくて
できればもう1年受け持ちたいほどでした。
この学校に来て4年がおわりましたが
ここにきて、すぐ主人の闘病がはじまり、
ここ4年は自分らしい仕事ができていません。
読む本と言えば、キリストや仏陀の本、
死に向き合う本、そんなのばかり・・。
それが、最近、やっと以前のように
特別支援教育関係や
教育関係、児童書・・・も読もうかな?と思えるようになりました。

日にち薬・・・と人は言いますが
苦しんで立ち上がったり、座り込んだり
後ろ向きになってうごけなかった日々も
やはり、私自身が、逃げずに、
現実に向き合ってきた結果なのです。
同じ思いの方々のブログをいつも読ませていただいていますが
声を大にしていいます!
「そんな私たちって偉いです!!!」

でも、私だけじゃここまで来れなかったのも事実です。
わたしには、いつも元気をくれる子どもたちがいます。
最期に挨拶をしてると、つい涙ぐんでしまった私をみて
クラス一の猛者が うつむいて
「先生がなくから もらい泣きしちゃったじゃないか!」
と泣いていました。
それみて、私はまた涙・・・。
こんなに素敵に輝く、たくさんの命達に
かかわらせてもらえるこの仕事を与えられたこと
そのことに感謝するばかりです。

こどもたちが、ぶたが大好きな私に
いろんなぶたさんをプレゼントしてくれました。
posted by ブー子 at 20:35| Comment(2) | school 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

卒業式の練習

先週から卒業式の練習が本格的に始まっています。

私は、在校生の指導の係りです。
若い頃、主任の先生が指導されていたことを
いつのまにか、まねして指導している自分がいます。
きっと、そうやって、若い教師は先輩達に育てられてきたんだと思います。

ただ、歌の指導は苦手です。
私はどうしても「大きな声で元気よく!!」と指導しちゃうので
高学年の美しく響き合う唄声にはほど遠くなってしまうのです。
それで、そこのところだけは、
音楽の大家、教頭先生にお願いしました。
歌の指導ももちろんですが、
子供たちにかける言葉など、
この歳になっても感心させられることばかりで
まだまだ始業の足りない自分を感じ入りました。        

ちょっぴり思春期の卒業生に比べて
4年5年の在校生たちはみな子供らしく一生懸命で
練習の様子も見ていてすがすがしく元気をもらいます。
        
インフルエンザと花粉症の子供たちがいるので
全員元気に出席してくれたら・・と
それだけが気がかりです。
終わったら、楽しい連休だものね。
がんばろうね。

(でも、きっと、私は学年末の仕事に追われ、
 連休中も学校に行っている予定ですが・・・・。)
posted by ブー子 at 13:04| Comment(0) | school 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。