2009年02月22日

棚にあげる

ある本で読んだのですが、
「今の大人は、子供たちに、もっと自分のことを棚に上げて意見すればいい」
・・という記事。

最近、委員会で仕事をしながら、6年生のある女の子が、
「うちの中学の兄ちゃん、成績が落ちて父さんにゲーム取り上げられてたけど、父さんだって高校途中でやめたのにうざいって、兄ちゃん怒ってた。」
っていうのです。
それを聞いていたもう一人の子も
「そうそう。うちの父さんも高校いってないらしいよ。だから、兄ちゃんの進学の話するとき、母さんにあなたはだまっていてっていわれてる。」

そんなあ・・・・・・・。

大人だって、迷いながらここまできました。
今だに迷いながら生きています。
でも、迷いながら来たからこそ、子供たちに言えることもある。
迷わなかった人には見えないことも見えているはずです。

職員間でもそうです。
生徒指導の担当が、「廊下階段を静かに歩くように指導を強化しましょう」といいながら、その先生のクラスの子が一番走っていたりする。
それを、影で悪く言う人もいうけれど、
担当として言っていることだから、いいんじゃないかと私は思うのです。

親として、教師として、大人として
振り返れば迷ってばかりでまっすぐには歩けなかった自分ですが
それを棚に上げて、
子供たちにしっかり語っていきたいな・・とおもうのですが・・・

どう思われますか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。